WAKWAKniftyと他のプロバイダと料金を比較すると

では料金面はというと、プロバイダーの月額利用料金だけで見た場合、niftyは戸建タイプで1,050円となっていて、53円だけ高く、マンションタイプは998円と368円高くなっています。
そこで、価格.
comのキャンペーンを利用した場合で比較してみると、光回線の戸建タイプの場合、niftyは58,875円の割引になり、初年度の実質費用が939円となりますので、割引額も1,573円お得になり、初年度の実質費用も78円だけお得になります。
光回線のマンションタイプを見てみると、niftyは割引額が49,733円で4,824円お得になり、初年度の実質費用も337円で、34円お得になります。
このように、光回線を利用する際は、サービスの面でほぼ同じにも関わらずniftyの方が費用が安く済みますので、niftyの方がお得ですが、ADSL回線を利用する際は、費用の面で圧倒的にWAKWAKの方がお得になっています。
光回線を比較して選ぶ